関連検索ワードの誹謗中傷対策9年の実績!Yahoo(関連検索ワード、入力補助、虫眼鏡)やGoogleサジェスト、関連キーワードの削除対策サービスを高い成功率&安心価格でご提供しております。関連検索の誹謗中傷にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

誹謗中傷ブログ掲示板削除


誹謗中傷ブログ・掲示板・サイト削除サービス

ブログサイトは今や無料で気軽に匿名で作成できる情報発信ツールですが、FaceBookと違い、作成者の名前が公開せずに投稿できるサイトブログがほとんどです。そのため、誹謗中傷や風評被害の根源となるケースが増加しております。

実際に、謂われなき評判や個人の名誉棄損、個人情報流出する書込みにより実害を受けているお客様も多数おられます。

ネット上の誹謗中傷の大きな問題は一つです。つまり、一度名誉棄損等が書かれると、永久に発信され続けます。適切な対応策を即時に打つ必要があります。その時に、注意深く業者、手法を選定をする必要があります。

弊社のサービスの特徴は、

  • 完全に内製対処致しますのでその点で、お客様情報の完全保護を約束致します。
  • 削除依頼申請は、法律的な判断に基づき削除依頼のサポートを致します。ご希望されるお客様には、IT技術に強い弁護士先生を紹介します。弊社のIT技術による対策と、法的対策を同時に進められます。
  • 高い成功率で、誹謗中傷ブログ・掲示板・サイトを削除、あるいは、下位へ落とす事によってお客様の信頼を頂きます。

誤った削除対応を行うと、炎上し更なる二次被害へと拡大する事もあり、適切な対応が必要です。弊社ではこのようなリスクを避け、安全にネット誹謗中傷対策を行ってきた実績があります。被害状況や相手の手法に応じて、最も適切な方法にてご提案させて頂いております。

ポイントは、対策手段を間違わないことが重要です。まず、ご相談頂いた場合、

  • 何が起きているのか?(現状分析)
  • 何故起きたのか?(原因分析)
  • どういう対策が効果的か?(効果的な対策手法)

を、コンサルティングが分析し、過去の事例DBと照らして、最善の対策手法をご提案致します。お客様のご予算、対策期間をヒアリングの上、お客様に最適化された対策を行います。 

サービス内容

依頼内容 対策内容
誹謗中傷サイトを、検索結果2ページ目へ追い出し 削除に応じない、ブログ、掲示板、質問サイト、画像サイトも多数存在します。しかし削除ができなくても、逆SEOという手法で、検索結果を2ページ目に追い出せます。それにより閲覧率は格段に下がります。
2ちゃんねるスレッド削除
発信者開示裁判
悪質な2CHスレッドを削除し、貴社の誹謗中傷・批判記事を見れなくするサービスです。弊社と提携している弁護士にお願いして、発信者の特定を行います。
2ちゃんねるミラーサイト削除 2CH内のスレッドをそのまま転載しているミラーサイト(コピーサイト)が、現在運用されております。その数は数十個あります。それらを削除するサービスです。
中傷ブログ記事削除 ネット上では、悪質な記事や誹謗中傷なブログを削除するサービスです。
悪質な質問サイトへの投稿削除 Yahoo知恵袋、教えてGoo、OKwaveなどの質問サイトを使った、誹謗中傷質問や回答の削除サポート致します。
SNS削除(FACEBOOK,TWITTER) 何者かによる、安易なつぶやき、書き込みが誹謗中傷につながる事もあります。削除支援致します。
また、自分の不注意な書き込みの削除支援も致します。
誹謗中傷サイトの発信者
IP開示
発信者情報開示依頼により相手を特定します。弁護士への依頼も可能です。分かりずらく、悪質なITを使った誹謗中傷に対して、法的な対応、技術的な支援を同時に行います。発信者のIPから、書いた人を特定します。
Google検索結果削除
Yahoo検索結果削除
キャッシュ削除
削除依頼を出して、元の記事は削除できたが、検索結果に出ている。早急に検索結果にでないようにしてほしいという依頼に対応します。また、自分で誤って書いた記事、サイト、ブログを自分で削除したが、検索結果にまだ出ている。早急に削除してくださいという依頼にも対応します。キャッシュ削除は1日で対応致します。
海外サイトに投稿された画像削除 プライベートな法律上問題がある画像を、日本の法律が及ばない海外サイトに投稿されたものに対応します。アメリカ、ロシア、アジアサイトに対応でき、ノウハウを持っております。
WikiPedia風評被害、名誉棄損対策 独自研究の内容を載せられ、困っているなどの記事の内容に対応します。特に会社名、団体名、個人名の解説記事で問題が起きている内容の解決を支援します。
ネット上を常時巡回、ネット風評監視サービス 削除後、新たな書き込みがないか、システムに的に巡回して削除します

※その他、あらゆるネットを使った誹謗中傷攻撃、ネット誹謗中傷サイトの各種削除依頼に対応致します。下記の無料お問い合わせフォームよりお気軽にご相談、お問い合わせください。お客様のプライバシーは固く守ります。

「プロバイダ責任制限法」では、特定電気通信による情報の流通によって権利の侵害があった場合について、特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示を請求する権利につき定めています。
特定個人の民事上の権利侵害があった場合にプロバイダ等に対し
1.情報の流通の防止の要求
2.発信者情報開示請求

ができると規定しています。この法律を使って、さらに、IT技術を活用して、お客様のブランド、名誉を守ります。

ネット対策の弁護士相談

ネットに強い弁護士に相談してみるのも一つの方法です。弊社は弁護士相談Cafeを運用していますので、ご相談してみください。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5937-4471 info@effata.jp
受付時間:平日9:00~18:00(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © エファタ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.