関連検索ワードの誹謗中傷対策9年の実績!Yahoo(関連検索ワード、入力補助、虫眼鏡)やGoogleサジェスト、関連キーワードの削除対策サービスを高い成功率&安心価格でご提供しております。関連検索の誹謗中傷にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

誹謗中傷対策弁護士相談Cafe


ネット誹謗中傷対策では誹謗中傷対策業者と弁護士の役割が違う

ネット誹謗中傷対策を行う場合は、

  • ネット誹謗中傷対策会社へ相談
  • 弁護士への相談
  • 警察への相談(法務局)

の3パターンの選択肢が存在します。

相談内容に応じて、相談先を変えるべきですが、間違うと遠回りしますので整理しておくことが重要です。

警察はいつ動く?

警察へ相談してみても、被害状況がわからない等、積極的に相談に乗ってもらうには、事件性が高くないと難しいケースが多いようです。被害届を出す、告訴状を出すという手も考えられるますが、命にかかわる事件でない限り、操作に対して積極的でない(2ちゃんねるのプライバシー侵害等)という話が多いようです。

ネット名誉毀損の書き込み相談なら「弁護士相談」をしましょう

私どもは、ネット名誉毀損に関わるものなら、「まず弁護士相談」が重要だと考えています。

理由は、

  • 名誉毀損の書き込みを削除できる
  • 犯人を特定し損害賠償できる
  • 名誉毀損は犯罪なので法的に対処できる

というものです。

誹謗中傷対策業者が提供する、誹謗中傷サイトの順位降下ですが、閲覧数を減らすという意味では効果がありますが、削除してしまえば完全に閲覧数が「0」にできます。

また、弁護士なら犯人特定まで行けるケースもあるため、損害賠償を請求し、「再発防止」の示談書をとりつけることもできます。

誹謗中傷対策業者が扱う案件は、弁護士対応できない被害

ネットは、自由に多くの方々「意見を発言できる」という点が世の中で受け入れられ成長してきました。だから、すべての書き込みが法的に制限できるわけではありません。「批判」や「意見」は「表現の自由」で法律上でも守られているのです。

ですから、誹謗中傷とならず、法的に削除できないケースがありますが、批判ばかりがユーザーに目がついてしまい、正しい会社の評価や商品の評価がバランスよく伝わらないケースがあります。

その場合は、誹謗中傷対策業者が、逆SEOサービスをつかって、ネット上で「よい評判」が増えるような取り組みが重要になります。

特に名誉棄損に関わる問題であれば、ネット誹謗中傷会社か弁護士に相談する必要があります。

一番の根本対策は、誹謗中傷される、関連キーワードやブログ、掲示板の書き込みを削除することです。これは、法的な根拠に基づき削除申請を行うものですので、ご自分か弁護士に依頼して削除申請する方法があります。もちろん、すべてが法的に削除できる訳ではないので誹謗中傷対策会社へ相談してシステム的に削除するのが解決策になります。

誹謗中傷対策は、法的な知識とIT系の知識、両方必要となってきます。

弊社のSmartGlassサービスは、依頼主の根本解決をモットーとしておりますので、最適な解決方法をご提案します。システム的に対応するより、弁護士に依頼した方が結果的に安価に対応できる場合は、弁護士対応を推奨いたします。また、逆に弁護士対応では難しいと判断した場合は、弊社のシステム的な対応をご提案しております。 まずは、お一人で悩まず、弊社へお電話ご連絡ください。

また、ネットに強い弁護士を厳選した、弁護士紹介のポータルサイトもご参考して、直接弁護士と相談してみるのがよいでしょう。

ネット誹謗中傷・風評被害・2ch削除対策|弁護士相談Cafe
 弁護士誹謗中傷ヘッダー

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5937-4471 info@effata.jp
受付時間:平日9:00~18:00(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © エファタ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.