関連検索ワードの誹謗中傷対策9年の実績!Yahoo(関連検索ワード、入力補助、虫眼鏡)やGoogleサジェスト、関連キーワードの削除対策サービスを高い成功率&安心価格でご提供しております。関連検索の誹謗中傷にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

SEO用語集


関連検索ワード(通称虫眼鏡ワード)とは

最大手検索エンジンyahooの関連検索ワード(通称虫眼鏡ワード)をご存知でしょうか。

検索したいキーワードがある場合、単一キーワードで検索するとき、そのキーワードに関連したキーワードが表示される事を関連検索ワードと言います。Yahooの場合、左側に虫眼鏡のようなイラストがついているのが、通称「虫眼鏡」と呼ばれる所以です。上下合わせて全部で10個表示されます。

ユーザーにとって、検索の深堀が可能となり大変便利な機能なのですが、根拠なき悪評のことば(詐欺、悪徳、ブラック)や、無関係な危険団体名が表示されると、関連検索ワードは企業や有名人にとっては名誉棄損な関連ワードになる事も頻繁に報告されています。特に、関連検索キーワードが表示される場所は、大体検索ボックスのすぐ下の部分で良く目立ち、不祥事などが出ていると評判を落としてしまいます。

逆に、基本キーワードで検索したときなどに、「商品名、サービス名」などの希望するワードが出ることで、営業PRの効果を上げる可能性があります。

Googleの場合は、インデックスされたページを分析し、検索キーワードと一緒によく出現するキーワードを関連検索キーワードとして表示します。Yahoo!の場合は、直前までの検索キーワードの中から、ある時間枠において頻繁に検索されるものを候補として表示しています。

このように少し関連検索キーワードも検索エンジン別に異なります。但し、関連ワードは、yahoo側で関連ワードとして勝手に表示をさせているもので、ただ、追加したり、消したいと思っても、何の知識や手段もなく、削除できるものではありません。

弊社では、ITノウハウとこの法的ノウハウの両方を駆使して、「関連検索ワード」表示、削除が可能です。

ペナルティなどを課されることなく、しっかりと風評被害対策をしたいという企業様、個人様に、大変満足していただいているサービスが「Smart Glass」です。

SEOとは

GoogleのHP上では以下のように書かれています。

SEO とは、「検索エンジン最適化(search engine optimization)」や「検索エンジン最適化業者(Search Engine Optimizer)」
の頭文字です。
SEO 業者を利用する決定は、サイトの改善と時間の節約につながる可能性がある一方、サイトと自身の評判にダメージを与える
恐れもある重大な決定です。SEO 業者を利用するメリットと無責任な SEO 業者によってサイトに生じる損害について必ず確認する
ようにしてください。多くの SEO 業者や他の代理店、コンサルタントでは、次のような役立つサービスをウェブサイトの管理者に提供しています。

  • サイトのコンテンツや構成の見直し
  • ホスティング、リダイレクト、エラー ページ、JavaScript の使用など、ウェブサイトの開発に関する技術的なアドバイス
  • コンテンツの開発
  • オンライン ビジネス促進キャンペーンの管理
  • キーワードに関する調査
  • SEO のトレーニング
  • 特定のマーケットや地域に関する専門知識

当社は、長年のSEOコンサルティングの実績を誇っており、Googleのガイドラインを重要視しております。
作為的な有料リンク等を行わず、ユーザー視点からみて必要なHP制作はどうあるべきかをコンサルティングしております。

SEO対策とは

せっかく素晴らしいサイトを作成しても、アクセス数が少ないと効果的なマーケティングを行うことはできません。
そのために欠かせないのが、検索結果に上位に表示されることです。
キーワードを詰め込んだり、有料リンクを買ったりとすると逆にペナルティーがかかり圏外になってしまいます。
検索会社が推奨する方法を適切に行い、上位に表示される必要があります。
弊社は10年以上、このSEO最適化に取り組んできており、対策をおこなってきました。是非ともご相談下さい。
効果的な被リンクとは何か?データ分析に伴い、効果的に行います。

逆SEO対策とは

逆SEO対策は、ポジティブなサイトを上位表示させることで、ネガティブな誹謗中傷サイトを外へ追い出す手法です。
SEOより、難易度が高いとされ一度に検索順位を操作することはデリケートな作業となります。
Googleのガイドラインにのりながら、適切な手法で検索結果を好転させるためには、単にSEO技術を持っているだけでは無理で、企画力や発想力。さらには、お客様のブランド価値向上という目的を持って行う必要があります。

風評被害とは

一方で、インターネットがここまで普及してきた時代。
ネット上の誹謗中傷や風評被害が企業の価値やブランドを傷つけてしまうケースが多発しております。

例えば、検索エンジン上で企業名や個人名を検索した結果ページに、ネガティブな関連キーワードが出されると営業的な問題が生じます。
これらを放置したままにしておきますと、営業活動はもちろんのこと採用活動などの障害となり、企業様にとって多くの被害が出てしいます。

ネット上での風評被害を守るための多くの(法的/技術的)サービスを提供させて頂いておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。
特に、プロバイダ制限責任法を起点に、提携している弁護士と協議しながら対策をご一緒にご検討させていただきます。
裁判所の判断を仰ぐ必要があるように感じられますが、その前に、多くのケースがプロバイダ制限責任法によりサイト対策が行えます。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5937-4471 info@effata.jp
受付時間:平日9:00~18:00(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © エファタ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.