逆SEO対策を行っているエファタ会社は、企業向けの出張セミナーを開催しております。インターネットが頻繁に使用されている現在では、誹謗中傷対策や風評被害対策に頭を悩ませている企業が多くなっています。そのため、出張セミナーを利用される企業様が増えています。

逆SEOは、単に問題サイト・誹謗中傷サイトの検索結果の順位を落とせばよいというわけではありません。極端な話、どのように順位を落とすのか?プロセスが、結果よりも重要です
なぜなら、成果主義の弊害により、手法の検討をおろそかにすると、一時的に成果は出ても、その結果必ず反動・副作用が産まれるからです。よって、逆SEOでは、弊社は成果報酬型を採用しておりません。

じっくりとお客様と相談しながら、結果を改善していくことが、最短であることを経験からわかっているからです。

逆SEOの副作用相談事例

逆SEOの副作用に悩まれて相談を受けるケースも増えています。

1.対策業者に不自然なサイトを大量につくられ、検索結果自体が不自然になり、煽られた

SEO上、タイトルに戦略KWを詰め込むと、検索順位が上位に入ります。よって、サイトタイトルに戦略KWを詰め込んだサイト・WEBページを大量に生成、対策するのが手っ取り早いです。しかし、大量に不自然なタイトルが検索結果に並ぶと当然、一般検索ユーザーからは不自然だと感じられます。その結果、対策が対策にならなず、最悪の場合は、ユーザーから煽られる可能性があります。

2.記事の内容が雑

サイトを作ったが、コンテンツが雑だとそれもまた、問題になります。粗悪なコンテンツが並ぶと、逆にそのサイト自体が、貴社のブランド価値を損なう可能性もあります。

まずは、出張セミナーでご相談を

電話やメールでの問い合わせには抵抗があるというお客様は、弊社の無料出張セミナーをご活用下さい。また、万が一風評被害を受けた場合や、誹謗中傷を書き込まれた場合でも、是非ご利用ください。

出張セミナーとは言っても、ただ申し込んだ会社に出張して講義を行うだけではなく、事前にどのような誹謗中傷や風評被害を受けているのかをご説明頂き、お客様のご要望に合わせた最適なセミナーを行います。

まずは弊社のHPをご覧いただき、逆SEO対策を申し込む時と同じように、事前の情報収集をおこなってください。
また、料金も対策手法も、逆SEO対策を行っている会社によって異なるので、よく弊社の情報をご確認いただいたうえでご相談ください。