Googleの順位はどうやってつけられているのか?疑問におもったことがあるでしょうか?

すべての基本は、グーグル社が出したページランク特許として出しているものがベースなっていると考えるのが自然でしょう。

よって普通の人が考えるのが、高いページをランクをもっている人からお金を払ってでもリンクをつけてもらおうと考えます。

しかし、そういった意図的な行為をグーグル社は嫌っています。有料リンクなどからリンクを張っているサイトに対して、過去に、ペンギンやパンダと呼ばれるスパムへの対抗手段がとられてきました。今まで1位だったサイトが100位以下に落ちるといったこともありました。

グーグル社は、自然とリンクを張られる、本当によいサイトを上位に示したいという意志の表れであります。良いサイトは自然といろんなサイトからリンクが貼られ、参照されます。しかし、これが意図的に行われると、グーグル社としても検索品質が保てなくなるため、本物の良質サイトをもとめてあらゆるロジックが投入されております。

最近グーグル社が取得した特許は、スパムとおぼしき行為が発生しているけれど絶対という確信が得られないときに、不安定な順位変動や極端な動き、あるいは順位変化なしのように想定していない検索順位を暫定的に見せます。この期間の順位を“transition rank”と呼びます。

transition rankに対してそのサイトがどのように反応するか、Google社は監視始めます。この時に下手に動くとスパム行為だとばれます。よって、自然な動きなのか、正当な動きなのかは、長期間かけて慎重に判断しているのです。つまりは、短期間にリンクをつける場合は注意が必要です。当然、加速度的につくこともあるのですが。

そもそも、SEO対策は、忍耐強く、Google社のガイドラインに沿った形ですすめるべきなのです。

SEO対策にはよって時間がかかります。弊社もそういった検索アルゴリズムを熟知した上で、対策をご提案させて頂いております。ターゲット検索ワードに対して、Google検索TOP10入りを目指すお客様は是非、お問い合わせください。低価格にてサービスをご提供中です。