相談事例|Yahoo関連キーワード被害事例と対策法

解決事例

Yahoo関連キーワード(Yahoo虫眼鏡)の風評被害は、多くの形で行われています。

営業的なYahoo関連検索ワード表示対策は手を打たれた

Yahoo側は、

・美容関連(美肌、ダイエット)

などの、ビッグワードにサービス名や会社名を表示するような営業目的の虫眼鏡表示ができないように対策を2014年から行っています。

「ダイエット」と検索しても、特定の業者名の虫眼鏡が表示されません。

ただし、検索ボリュームが少ない、企業名やサービス名への関連検索ワードの表示は行っています。

毎日更新されるYahoo虫眼鏡は、操作されやすく、企業のブランド価値を損ねるような風評被害ワードが表示されております。

2chやブラック企業といった一般的な風評被害ワードが表示される

一般的な風評被害ワードが関連検索ワードに表示される場合は、Yahoo側へ削除申請をしてみることも一つの方法です。これで削除される場合は、一件落着ですが、削除されない場合は、すこし対処法に頭を悩まします。

対策1. 放置する

放置するという手がありますが、意外と関連検索ワードの影響が大きく、問い合わせが減ったり、顧客から関連検索ワードに関する指摘を受けたりすることがあります。結局、放置できなくなって、対策をするということがあります。

影響が出てから対策を開始するぐらいなら、早めに手を打つべきですので、放置と決めた以上は、どういう結果になっても貫く決意が必要です。

対策2. 業者に依頼する

弊社のYahoo関連検索ワード削除サービスがありますので、業者に依頼するという方法があります。

しかし、削除したとしても、また他のユーザーから検索されると、再表示されることがあります。2chといったワードは、企業名と続けて検索されることが多く、常に削除しつづけないとならなくなります。

よって、一般的なネガティブワードを削除依頼する場合は、長期間依頼する覚悟が必要だと言えるでしょう。但し、一般的でないワードであれば、削除することで問題が解決するケースもあります。

削除しても似たワードが表示される

このケースは、何者かが、Yahoo虫眼鏡操作をしている可能性があります。この場合は、対策を本格的に行う必要があります。

表示できない状態にもっていくことは可能ですので、長期間対策を依頼することで、表示側が諦めることを待つという対策になります。更に、ポジティブなワードを多数表示させることで、相手側のネガティブワードを表示する余地をなくすということもできます。

結局は、相手側が諦める。もしくは、根比べの世界にはなってきますが、嫌がらせをしてくる相手には、より強い業者を選定して対策することが重要です。弊社は、対策法を多数もっており、結局は相手側に諦めさせることができる圧倒的な対策力を持っていることが特徴です。

病院やクリニックに「詐欺」「危険」と関連検索表示される

「****クリニック」と検索すると、「***クリニック 詐欺」「***クリニック 危険」とYahoo虫眼鏡を使った風評被害を受けてしまった。「詐欺」「危険」なんて、お客様が大量にうつなんて考えられないため、特定の方(IT技術に詳しい方)の仕業だと考えています。削除できないでしょうか?

対策事例

Step1 削除申請での対応がなされないため、一刻を争う状態であったため、技術的な対応により、1日後に削除。

解決ポイント

時間的な戦いになるので、被害を最小限にするためにも、すばやく業者へ委託する。時間が経つとGoogle関連検索へも飛び火してしまう。

 

CVバナー

この記事が役に立ったらシェアしてください!