ネット監視

関連検索ワードは何故表示されるのか?

多くの検索者は、基本検索を行います。

「東京ディズニーランド」と検索すると、検索ワードには、

  1. 東京ディズニーランド 混雑予想
  2. 東京ディズニーランド チケット
  3. 東京ディズニーランド お土産
  4. 東京ディズニーランド グッズ
  5. 東京ディズニーランド 待ち時間

などが表示されます。これは、東京ディズニーランドと検索する人は、いざ行こうと思っているわけだから、上記の関連検索のユーザー意図は、

  1. まつのがやだな、混雑具合は?
  2. チケットはいくらなの?
  3. お土産は何がうれてるの?
  4. グッズは何をもっていけばよいの?
  5. 待ち時間は平均どれぐらいなのか?

など、検索者の疑問・検索意図が関連ワードとして表示される訳です。当然こういった共通の疑問や検索内容が関連検索として出てきてくれれば、検索時間を短縮化できます。

だから、基本検索ワードと一緒に検索される割合が高ければ、関連検索ワードとしてでてくることになります。基本検索ワードが最も多いわけだですが、それに準ずる割合で検索されれば表示されることになります。

検索ユーザーの意図から関連検索ワードを分析しよう

検索ユーザーに納得して頂く内容サイトを制作するために、重要なのは、そのキーワードで“検索する人の立場にたって”、どのようなインフォメーションを求めているのかを、その意図を推測することだ。

例えば、同じダイエットのキーワードだったとしても「食事 ダイエット」と「運動ダイエット」では、探すサイトの情報が全然違うことが分かる。

前は、ダイエット目的で食事管理を始めた人、またはこれから始めようと思っている人が調べるキーワードであることが分かる。

そこで、例えば、カロリーが低い食事は何か、健康的な食べ物は何か、食べても太らない食事は何かを伝えればよい。

一方、後者で検索する人は、ダイエットしているが、運動して痩せようとしている人だ。そこで、運動内容、ランニング、散歩などをかけばよい。

そのために、つねにその人が何を求めているかを調べる必要があります。

  • その人はどういう目的でそのキーワードで検索しているか?
  • その人はどういう人か?(今何をしていて将来どうなりたいのか?)

関連検索ワードは、そこに検索意図をもとめ、コンテンツを見つける鍵があるこを忘れてはないでしょう。

SEO対策の基本は、キーワード選定

単に、被リンク数を競っていた時代が終わり、現在のSEO対策は、検索エンジンに評価してもらうためには、キーワード選定が重要になります。

特に、「ターゲットワード」で検索エンジンで高い順位を取ろうとすると、「ターゲットワード」だけでコンテンツを書いていても、重複コンテンツとなり、あまり高い評価を検索エンジンから得ることはできません。

「ターゲットワード」で検索するよりは、ロングテールでのSEO対策をすることを期待されるため、「ターゲットワード+関連ワード」で対策が必要になってきます。

例えば、「中古車」でSEO対策をしようと考える場合、

「中古車 オススメ」 「中古車 価格」「中古車 比較」「中古車 ディーラー オススメ」「中古車 通販」「中古車 格安」などの関連検索ワードを一緒に検索されることが予想されます。

だから、「中古車」で検索上位に上ろうとするなら、上記のロングテールでの関連検索ワードに対策も一緒に行わないと、「中古車」での検索上位には達することができません。

キーワード選定で、キーワードプランナーだけが最適ツールではない?

こういったキーワード選定を行うときに、関連推奨ワードをだしてくれる最適ツールが、Google社が提供している、「キーワードプランナー」が有名です。

このツールは、「中古車」といれれば、関連性の高いキーワードも見つけてくれるし、検索ボリュームも表示されるから、こういったSEOコンテンツを記載していくには非常に重要視されている。

キーワードプランナーには、Google関連キーワード、サジェストが表示されない?

ただし、このキーワードプランナーは完璧でもないことを忘れてはならないでしょう。というのも、リアルタイムに変更されている、サジェストなどは、表示されないので気をつけることが重要です。

だから、SEOコンテンツで、関連性を高いワードを探そうとすると、サジェスト表示の関連ワードや、関連キーワードを忘れずにひろってきることをオススメします。

トレンドアフィリでも活用中

トレンドアフィリとは、多くの人が興味関心を持つキーワードをブログ等にふんだんに盛り込むことで検索上位表示とアクセスアップを狙い、ブログ等に設置した広告を訪問者がクリックすることによる広告収入を稼ぐ手法です。

トレンドアフィリは参入障壁が低いことから、様々な商材や塾が氾濫しており、ノウハウも広まっています。とあるトレンドアフィリ商材の販売者は自らのブログで次のような真実を語っています。

「トレンドアフィリで稼ぐなら、サジェストワードではなく関連検索キーワードを狙え」

Yahoo!やGoogleの検索ボックスに出てくるキーワード(サジェストや予測検索)は、使っているパソコンやスマホなど環境によって変化し、ユーザーが頻繁に検索したキーワードも混ざっていますので、一般的な検索需要を表しているとは限りません。

対してYahoo!虫眼鏡などの関連検索キーワードは実際に検索された頻度の高いものが表示されていますので、興味関心のトレンドを利用したアフィリエイトを効率的に行うには関連検索キーワードの動向をリサーチして関連記事を書いていくことが有効と言えるでしょう。

しかし、実際はそういった頻度の問題でけではなく、サジェストは、近々の検索されているものがリアルタイムに出ているとも考えられるため、正確には、

「トレンドアフィリで稼ぐなら、サジェストワードと関連検索キーワード両方を狙え」

が正しいと言えるでしょう。キーワード選定に、「サジェスト」と「関連キーワード」は非常に重要になっているのです。

コンテンツSEOでは、「サジェスト」「関連キーワード」をキーワード選定ツールとして活用しよう!

上記のキーワードプランナーの特性を理解した上で、SEOコンテンツで、関連キーワードを見つける場合は、サジェストや関連キーワードをツールとしてとらえて、キーワードとして含めてみたらいかがでしょうか?