サジェスト・入力補助最新ワードが表示され続ける

Yahooの入力補助は、リアルタイム性が重要であると判断して、最新ワードが常に表示される仕様二最近変更されたようです。つまり、1週間前のワードと最近のワードが同じ分量打たれているならば、基本、最近のものが優先的に表示されるように変更されたようです。

よって、検索ユーザーは、最新の情報を検索補助を使って得られるようになったわけで、このようなアルゴリズム変更やロジック変更は有益に働いているようです。

Yahoo虫眼鏡の仕様は、入力補助で定着したものが表示される

逆に、では、常に打たれ続けているワードは、サジェストで出てこなくなると、どうなるのでしょうか?どうも、Yahoo側は、入力補助に定着したものは、虫眼鏡、つまり関連キーワードとして、検索結果の下の部分に表示されるようにしたようです。

つまり役割として、次のように分けたと考えたらよいでしょう。

入力補助・サジェスト(検索窓補助)→最新の関連キーワードを表示する

虫眼鏡・関連検索ワード→入力補助として定着したものが選ばれて、虫眼鏡に落ちてくる

このような仕様自体は、Googleと似てきたと考えられ、ユーザーの検索行為を補助にしたいという検索会社の意図の表れだと考えれるでしょう。