消込み

逆SEOの基本方針

逆SEOというと、内部SEO対策・外部SEO対策を施した強力なサイトを10個制作して、検索結果1枚目にでているサイトを追い落とすというのが一般的な手法と考えられています。

さらには、コンプライアンス的には問題がありますが、ネガティブな誹謗中傷サイトを狙い撃ちした、悪質リンクプログラムへの登録して、ペナルティを与えて順位を落とすやり方もあります。

しかし、逆SEOは、そういったGoogleの検索結果の順位を操作するということにばかり気を取らわれていると失敗してしまうこともがあります。

最も大事な基本方針は、「根本削除」であるからです。

逆SEOでネガティブサイトの根本削除は可能か?

実は、これは可能なケースが少なくありません。このサイトは消えないのではないか?という諦めや、思い込みがある。しかし、あらゆるルートを使ってアプローチすると削除出来るケースがあります。そのアプローチの仕方を沢山もっているというのが、逆SEO業者の実力といってよいでしょう。

2ちゃんねるのスレッド丸ごと削除は難しいという思い込みがあります。多くの普通の弁護士は、スレッド削除は難しいと回答するからです。

しかし、スレッド削除も可能なケースがあります。あきらめずに弊社まで問い合わせください。>>お問い合わせ

結局、順位を押し下げるというやり方は、その場的な対応であることもあり、根本削除がお客様にも最も喜ばれることであります。

どこで誹謗中傷が生まれるか?

Yahoo知恵袋,FaceBook,Twitter,2ちゃんねる,無料掲示板(海外、国内),wiki,Blog,Yahoo虫眼鏡、Google関連検索ワード、Googleサジェスト、Yahoo入力補助などなど、あらゆる誹謗中傷ルートがあります。

しかし、それぞれのサイト、項目ごとに対応方法は分かれます。つまり逆SEO対策は、こういった誹謗中傷の温床のサイトに対する防御策を確立する必要がある。

特に法律的な面での強化は必要ですが、技術的な面も重要です。法律面、技術面での両面で対応しないと、バランスが崩れ、適切な対応ができなくなる。

何故”誹謗中傷SmartGlass”が選ばれるか?

当サービスは、10年前から誹謗中傷対策サービスを展開していますが、最大の強みは、一言でいって、この総合力と豊富な実績である。根本を支えるSEO技術。さらに弁護士との提携により法的面の強化。さらに、各種多言語対応により海外サイトへの対応。技術的な対応。すべての面にかけて、一流であることをめざし、努力しております。

是非、ネットによる誹謗中傷、風評被害にあわれた場合は一人で悩まず、対策専門集団の当社へご相談下さい。