被リンク

■SmartGlass被リンク解説

Googleの検索結果を決めるパラメータは300個以上あるといわれ、そのパラメータの総合評価が検索順位として現れます。

しかし、その300個以上のパラメータをすべて攻略しているサイトなどは、この世の中には存在しておりません。

検索順位を決めるのに、その中でも優先順位、重みづけがあることは明らかであり、その中で重要なパラメータの一つが、被リンク数です。

■被リンク数とは何か?

被リンク数とは、評価対象のサイトが持っているリンクの数を指します。

Google検索エンジンは、他のサイトからのリンクと、コンテンツの充実をサイト評価の指標としています。 つまり、被リンクが多いページは、イコール、価値の高いページと判断されるのです。それでは、サイトをたくさん立ち上げてリンクをかければよいか?というとそうではありません。価値のある意味のあるサイトからリンクでないとGoogleは無視、下手をするとペナルティを与えます。

リンクの記述方法

<a href=”http://~”>アンカーテキスト</a> というHTMLソースコードでリンクされ、アンカーテキストに検索キーワードが含まれていることが望ましいですが、コピペのような形をとると不自然になります。分散されていることが望ましく、リンクをかけるサイト自体も、評価されている必要があります。また、リンク先の内容とリンク元の内容、分野が同一であることが望ましいです。

スポーツサイトから、ピアノのサイトへリンクをかけても価値は半減するのです。

被リンクは「内部リンク」と「外部リンク」があります。

「内部リンク」と「外部リンク」です。

内部リンク

内部リンクとは、同一サイト内の他ページから張られるリンクです。

外部リンク

外部リンクとは、IPアドレスが重複しない、違うドメインから張られるリンクを指します。

内部リンクと外部リンクは、バランスを保つ必要もあります。

■SmartGlassの被リンク元のここが凄い

・ドメイン、IPアドレスを100%分散

リンクを張るドメインを独自に取得し、IPを分散させたサーバーを確保致します。加えて、具体的には、通常合計60以上のサイトから順位を上げる各WEBサイトにリンクをかけます。その結果、検索結果の上位に存在していた誹謗サイト・風評被害サイト・名誉棄損サイト・掲示板・2ちゃんねるを2ページ目以降に追い出します。

・手作業によるサイト

すべて人の手で作成・更新している日本語で作成されたWEBサイトからの被リンクになります。Googleは自動化を嫌いますので、手作業により丁寧にリンクをはって逆SEOリスクを分散させます。また更新頻度が高いサイトからリンクが張られます。

・アンカーテキスト分散

アンカーテキストとは、リンクが設定されている文字を指しますが、これが同じ言葉であると、機械的に判断され、ペナルティを受けます。統計学的な自然なアンカーテキストを分散させることで被リンクの効果を最大限に引き出します。SEOの実績から叩き出したアンカーテキスト分散はまさにノウハウの蓄積であり、他社が追従できない部分であります。

・発リンク数を抑え一つ当たりのリンク効果を最大化

リンク元からの発リンク数が多すぎると、1個あたりのリンク価値がなくなります。その数を最小限に絞り込むことで、1個あたりの被リンク価値を最大化しています。

・被リンクスケジュールの最適化

早く結果を出したいというお客様のニーズを意識しすぎると、被リンクペースが速くなり、これがペナルティの要因となることがあります。リスク許容に応じたリンク付けスケジュール(リンクペース)を3パターンご用意し、お客様の置かれた状況に応じて、3パターンの中から選択し提供できます。ただし、Googleは中長期型検索エンジンであるため、ある一定のペースで施策したほうが効果が高いことは確認できております。

・被リンクサイトのカテゴリ化

全然関連のないサイトから、リンクをかけられても価値がありません。SmartGlassは、被リンクファームをカテゴリごとに8つ作成しております。お客様サイトのカテゴリに応じてリンクファームを選択して、そこから被リンクを提供しております。

弊社は、依頼が多い分野を8つのカテゴリにまとめて、日々、更新、PageRank(3~8)で形成されたリンクファームを持っております。これが最大のSmartGlass逆SEOの差別化要素となっております。

内容豊富な被リンク集団

SmartGlassの被リンクは、以下の8つのカテゴリにわけ日々更新して、強いサイト群で構成されます。よって、このサイト群からリンクが張られることは、非常に順位を向上させることに効果を発揮します。逆SEOをするためには、こういったリンクを大量に張ることができる被リンク元を日々更新していないと、一朝一夕にはできないのです。

リンクファームカテゴリ

  • 不動産・建築
  • 美容・健康
  • 医療
  • IT関連
  • 旅行/観光
  • 金融・証券
  • 芸能人
  • その他(生活、ペットショップ、飲食店など)

SmartGlassの強みは、差別化技術は、GooglePageRank(3~8)で構成された被リンク元であるといえます。

お客様から依頼が来ると、一斉に味方サイトへ、このリンクファームを選定して、被リンクをかけ、一気に味方・中立サイトの順位を向上させ、敵サイト、誹謗中傷サイト・掲示板・ブログを追い落とします。

対策実績:e戸建、転職会議、2ch掲示板、中傷各種ブログ

逆SEO誹謗中傷対策ランキング

1位 誹謗中傷サイトの削除申請(プロバイダ制限責任法)

2位 関連検索対策

3位 自社サイト/関連サイトの内部SEO対策による1位確保

4位 被リンク増加(良質リンクの確保)

5位 関連サイトの増強(サイト制作)

誹謗中傷サイト対策は、ほっておくと誹謗中傷サイトが上位表示されることがあるため、早目の対応が重要です。火事と一緒で燃え広がってしまうと消火作業に時間がかかります。早目にサイトが登場と同時に鎮火することが重要です。ここで対応を間違うと泥沼化することがあります。

一番大切なことは、自社サイトを強化しておくこと。絶対的な検索結果1位をとることで、その検索ワードの主導権を握る事が出来ます。そこをとられていると、なかなか反撃が難しくなります。

その次に重要なので、TOP10を独占です。サイトには強弱と変化を加えて、独占していくことで、誹謗中傷サイトが入り込む余地がなくなります。ここまで到達するには3倍以上のサイト群で押し上げる必要があります。

後は、とにかく誹謗中傷サイトを削除すること。それが重要です。(参考:誹謗中傷サイト対策は、「根本削除」が第一優先

この上位に書いたランキングにそって対策すれば、事実無根の内容であれば、次第に消えて行きます。