Yahoo関連検索ワード削除方法をまとめてみました。

Yahoo検索すると、検索したにすぐ出てくる文字を関連検索ワードと呼ばれています。虫眼鏡アイコンが横についていることから、Yahoo虫眼鏡キーワードとも呼ばれています。これは、検索をより深く行えたり、自分が知りたい検索ワードと関連強いキーワードが出てくるため、非常に便利な機能となっています。

その一方で、この虫眼鏡を使った誹謗中傷が増えています。なぜ起きるかというと、風評の被害で、ネガティブなキーワードで、意図的に、あるいは、扇動されて検索され、表示されてしまうのである。

一度表示されてしまう、ネガティブワードの虫眼鏡は簡単には消えません。興味をそそり、ある一定の検索ボリュームが保たれてしまうからです。

みんなが検索する以上大事な検索キーワードとは限らないし、それが重要なキーワードも限らないのだが、検索エンジンは検索数を重要視するため、削除依頼してもなかなか申請が通りません。

方法には大きくわけて、2つあります。ただ、関連検索ワードによる誹謗中傷にお悩みの方にお伝えしたいのですが、必ず解決できる方法は存在するということです。あきらめずに、対策を継続することで、誹謗中傷は解決するでしょう。

削除方法1 Yahooへの申請による削除方法

⒈ 自分で!Yahoo検索エンジン会社に削除依頼(抗議)して削除する

Yahooは削除申請フォームを用意してくれていますので、なにはともあれ、御自分で!ガイドライン違反だと指摘して削除申請を出しましょう!

ここで御自分で!で強調している理由があります。削除申請なんて、弁護士に依頼しないといけないの?と考えがちですが、事実無根の関連検索ワードであれば、ご自分で依頼しても削除される報告は多数あるので、ご自分でまずは申請することを推奨いたします。

削除申請方法に関する解説記事(関連おすすめ記事)
ヤフー検索の「関連検索ワード(虫眼鏡)」を削除申請する方法

※注意事故
第三者の業者が、このフォームを利用して削除代行申請すること自体、非弁行為となり、違法行為となる可能性があります。ご自分で十分に、削除申請できますので、必ずご自分でおこなってください

⒉ 弁護士に依頼して、削除申請を出す

弁護士が、裁判外で送信防止措置依頼書等の書類を通して削除申請をしてくれる方法です。大体、相場は4万円〜5万円で削除申請してくれます。ただ、御自分で削除申請してする方法より、より正規なやり方となりますので、弁護士に依頼するという方法もあります。

ただ、「倒産」といった、事実無根のワードであれば、名誉毀損で削除申請が通るかもしれませんが、「評判」「2ch」といったワード自体が名誉棄損とはいえません。よって、削除申請であれば、必ず削除できるわけではないことは覚えておきましょう。

また、Yahooに対して裁判を犯して削除するという方法も考えられますが、費用がかかることと、かならず削除されるわけではないことを忘れてはいけません。

削除申請によるメリット

低価格で削除が可能
その後、再表示される恐れがない

削除申請によるデメリット

すべての関連検索ワードが削除されるわけではなく、名誉毀損に当たると判断されたもののみが対象となる。
削除成功率が高い訳ではない。

削除方法2 誹謗中傷対策業者によるシステム的な削除

⒈ ポジティブワードを表示させて、ネガティブワードを追い出す

技術的な手法に関しては、ヤフーならば「関連検索ワード」の候補となるキーワードの組み合わせの検索を大量に発生させることで、問題の関連検索を表示から追い出すことが(理論的には)可能です。いわゆる良質な関連検索ワードを表示させて圏外に追い出すやり方です。

⒉ ネガティブワードを、狙いうちで非表示にする。

ネガティブワードを、スパム判定させて削除するという方法です。Yahoo側での虫眼鏡が操作されているということが問題になっており、意図的に表示することが難しくなってきています。

よって、その機能強化を逆手にとって、意図的に表示させようとしていると認識させて、非表示にする方法です。ただし、Yahooのロジックは常に変更されており、この手法を使える業者があるかどうかは不明な部分が多いです。よって、大抵は、ポジティブワードを表示して削除するという方法が主流のようです。

システム的な削除メリット

どんなワード(名誉棄損とならないワード)でも、削除できる。

システム的な削除デメリット

システムの施策を終えた後、再表示される可能性がある。
Yahooロジックの変更に影響を受ける。

ネガティブ関連検索ワードの弊害

面白いことに、人間の心理として、誹謗中傷、風評被害的な情報をついつい知りたいと思ってしまいます。すると、風評的な関連検索ワードが表示されると、ついついクリックしてしまい、Yahooが「人気キーワードなのだな」と判断して、表示が定着して悪循環となります。

ですので、関連検索ワードを削除したい場合は、ポジティブなPRワードなどをYahooが人気ワードだと認識するように、施策することが重要です。

単に、その場の付け焼刃的な対処ではなく、弊社のYahoo関連キーワード対策は、短期間で難しいワードでも対応できるのが特徴です。ぜひとも関連対策サービスページをご参照ください。また、無料で関連検索ワード対策のご相談を受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

問い合わせページ

関連オススメ記事→Googleサジェスト(予測変換)検索候補表示の仕組みと削除対策