検索エンジン

”サイトを閉鎖、削除”=”検索結果削除”ではない!検索エンジン反映には時間がかかる

・誹謗中傷サイトを裁判所を通して削除してもらった
・問題になった記事を自社サイトに掲載して削除した
・2chの書き込みを削除してもらった(自分の名前が消えた)

等など、名誉毀損となるようなサイトを閉鎖、削除、消去したからといっても、ネット誹謗中傷対策は完了したことにはなりません。

ここで重要なこと、サイトを削除したから、すぐに検索エンジンに削除情報が反映されないということです。

検索エンジンは、GoogleBotとは、Google のウェブクロール用の bot です(「スパイダー」と呼ばれる場合もあります)。クロールは、Googlebot が Google のインデックスに追加する、新しいページや更新されたページを検出するプロセスです。

Google では、大規模なコンピュータ群を使用して、ウェブ上の数十億のページを取得(クロール)します。Googlebot はアルゴリズムによるプロセスを使用します。クロールするサイト、クロールの頻度、各サイトから取得するページ数はコンピュータ プログラムによって決定されます。

つまり、GoogleBotが、その削除されたサイトをクロールしてくれることで、初めて、削除したということをGoogleが知るようになり、検索結果から削除されます。

GoogleBotは、全てのサイトに毎日クロールしてくれるわけではありません。2ヶ月から3ヶ月に1回しか訪れないサイトもあるため、単純に考えても、サイトが削除されても、2~3ヶ月は検索結果にサイト名が表示されることはあります。

直ぐに検索結果から削除するには検索エンジンに知らせる!

Google&Yahoo検索エンジンのURLの削除 - サーチコンソールはてブ数

https://www.google.com/webmasters/tools/removals

YahooはGoogleと検索エンジンを共有して、同じものを使っていますので、Googleで削除申請すれば、Yahooの検索結果からも削除されます。

Bing検索エンジンのURLの削除 - サーチコンソールはてブ数

https://www.bing.com/webmaster/tools/content-removal

※それぞれ、Googleアカウント、Microsoftアカウントが削除申請には、必要となります。

削除申請画面で、削除したURLを入れて、申請ボタンを押すだけです。

簡単ですね。ただ、その時URLがアクセスできてしまうと削除できません。

サイトが消滅していること、アクセスできないこと、Robots Txtでnoindexになっている、など、GoogleBotがアクセスできない状態にしないと削除できません。

検索エンジンに申請後、1日ぐらいたつと、検索エンジンから削除され、検索結果から表示されなくなります。