Google&Yahooサジェストと関連キーワード表示の仕組みと削除

★ お気に入りに追加
仕組み

Googleサジェスト(予測変換)表示される仕組み

Google検索ヘルプページで、Googleサジェストが表示される仕組みは解説されています。

・他のユーザーが過去にそのキーワードを検索した頻度など、複数の要因に基づいています。
・ウェブ上のさまざまな情報を反映するよう設計されています。そのため、さまざまな人気トピックに関する検索候補が表示される場合があります。

参考外部サイト:Google検索ヘルプ「オートコンプリートの仕組み

このことからも、検索ユーザーが過去にそのキーワードを検索した頻度(ボリューム)が影響していることがわかります。

Googleサジェストの仕組みを具体例で解説

gooleサジェスト仕組み

仮に、ホテルが食中毒事件を犯した企業の検索ボリュームの推移が上記のようなグラフを描いたとします。

普段、事件が起きる前の検索ボリュームを平均検索とします。しかし、テレビやインターネットニュースで報道がなされると、一気に検索ボリュームが増えます。

もちろん多くの人は事件の詳細を知りたいので、事件を犯した「ホテル名」単体で検索するよりも「ホテル名+食中毒」と検索します。その結果として検索ボリュームが一気に増えます。

検索ボリュームがピークに達するワードが一個しかなかった場合。その後、平均検索に特徴的な検索ボリュームの変更が起きない限り、ピークを記録したサジェストが表示が継続される可能性が高いです。
(今回の場合だと「食中毒」が表示されます。)

また、一度サジェスト表示されてしまうと、サジェスト上クリックされる可能性があり、サジェストワードの検索するユーザーが0になることはないと考えたほうがよいです。

事件が起きてから、2週間程度で出現します。

営業上、事件の対策をしたのに?ネガティブワードが消えない

ホテル側が、食中毒やノロといった問題を起こした後、衛生上の対策をしたとしても、「ホテル名+食中毒」とサジェスト表示され続ける可能性があることを忘れてはいけません。

実際の営業改善とデジタルマーケティング上の改善は連動しないのが厄介な所です。

どんなに衛生上改善されたとしても、「食中毒事件」をおこしたホテルと検索ユーザーに認識され続ける可能性があるのです。

これらは、デジタルタトゥーとも言われ、一度表示されてしまったネガティブワードはなかなか非表示にならないのです。

Google関連キーワードが表示される仕組み

一方、Google関連キーワードは、長期間の検索ユーザーの動向を分析して表示させているようです。

サジェストは数日~数週間の検索動向の結果を反映していますが、関連キーワードは、数か月の検索結果であり、より重要な情報がでていると考えた方がよさそうです。

また、関連キーワードとして表示されるルートは、以下の2パターンからなっているようです。

Googleサジェストが定着して表示されるケース

Googleサジェストとして長期間表示されていると、サジェスト表示が終わり、関連キーワードとして表示される仕様になっています。

よって、関連キーワード自体、Googleの場合、数日単位で変更されることはなく、3ヶ月から6ヶ月単位で入れ替えているようです。

サジェストが定着され、多くのユーザーがそのサジェストワードをクリックしているかどうか、また検索結果が有益な情報になっているかを判定して、関連キーワード表示がされていると考えられています。

業界グループ会社の関連性から表示されるケース

このケースは、「百貨店名」をGoogle検索するとわかりやすいかと思います。

takashimaya

検索ワードとなっている百貨店A社だけではなく、ライバル百貨店名が関連キーワードに表示されていることがわかります。これは、検索ユーザーが、こういった百貨店名を「A社」→「B社」→「C社」と検索しているユーザーがおおいためで、これらが関連が強い会社と判断されて、関連キーワードが表示されていると推測されます。

「A社+***」といったワードに限定されないのが、関連キーワードとサジェストとの違いだといってもよいでしょう。

こういったワードはサジェスト表示されることはないが、検索手順として一定の量に到達すると、関連キーワードに突然表示されることがあるようです。

Google関連するキーワードの3つの特徴

関連するキーワードには特徴が3つあります。

  • 特徴1.入れ替わり周期が遅い。(3ヶ月~6ヶ月周期。平均して年に3~4回程度しか入れ替わりません)
  • 特徴2.クリック率が高い(80%は複合検索といわれており、関連するキーワード表示されると検索される可能性が高くなります)
  • 特徴3.全国共通に表示される(Googleサジェスト表示のように地域性が考慮されず、全国共通である)

関連キーワード

YahooとGoogleの関連検索の仕組みの違い

上記の事例から分かるように、Googleは、検索のボリュームからサジェストを出している可能性がありますが、一方サイトの連動性も見ていると考えられます。

Googleの場合、関連検索ワードを検索した結果、該当するサイトがない場合ということはまずありません。つまり、既存のサイトが存在しうるのか?といった、根拠をしっかりと見ていることを忘れてはいけません。

つまり、Googleサジェストが表示されるには2つの項目を満たしている必要があります

  • 仕組み1.Googleサジェストの検索ボリューム(多くのユーザーから検索される)が一定量を超えていること
  • 仕組み2.Googleサジェスト(予測変換)に対する、検索結果に、関連するサイト(サジェスト検索候補キーワードを含むタイトル名、記事を有する)が一定数存在し、有益な情報を発信していること。また、関連検索の結果に対して、ユーザーがクリックするサイトが存在するかどうか?が重要である。

一方、Yahoo!は、サイトが存在するしないは大きな影響はせず、検索ユーザーが打ち込んだ分サジェストが表示される仕様・仕組みとなっています。

Yahooは、「仕組み1」を重視しており、極端な話、「仕組み2」の検索結果に連動するサイトが1個もなくても表示されてしまいます。単に、検索ボリュームが多ければ、Yahooはサジェスト表示される仕組みとなっています。

Googleは、「仕組み1」と「仕組み2」がバランスよく満たせば、表示されやすいわけですが、「仕組み1」が表示される要因になる場合もあれば、「仕組み2」が強い要因になることもあります。

Googleは、地域性を見ている

Googleは、大量のIPなどによる検索ボリューム(多くのユーザーから検索される)を見ていると書きました。同時に、Googleのサジェストは、Yahooと違い、地域によって表示されるサジェストが違います。

IPによって、どこから検索されている検索ボリュームなのかみており、大阪には大阪に適したサジェスト表示をしてくれます。

特に、「携帯ショップ」や「焼肉店」など、地域性を強めたほうがよいとされる検索ワードに対しては、サジェストもそれにあわせて、最適なサジェストは地域にあわせて表示させています。

一方、Yahooは、サジェスト、虫眼鏡とも全国共通です。

関連記事
日本の地域
Googleサジェストと関連キーワードは地域で変わる
Googleサジェストの地域別表示を比較 弊社の住所がある新宿で、「ドコモショップ」と検索した場合のスクショをご覧下…

Googleサジェスト汚染が深刻な問題に

現在、上記の仕組み2.を活用したサジェスト表示をする「サジェスト汚染」が問題となっています。

「サジェスト汚染方法」「サジェスト汚染やり方」「サジェスト汚染ツール」といったものが、ネット上で実験が繰り返され、スレッドの15%程度をしめて、検索ワード+ネガティブワードを記載するとよいなど、というノウハウがあふれています。

また、それらを効率的に、掲示板へ書き込みを行ってくれる、「サジェスト汚染ツール」まで出回ってしまい、意図的にサジェストを表示できるかのように表現しているサイトも存在します。

まずは、「ナゼGoogleサジェストが表示されたのか?」一度、業者に依頼して分析してもらうことを推奨いたします。

書き込みを削除していけば、こういったサジェスト汚染は解消できます。

関連記事
判決
Googleサジェスト汚染は名誉棄損と裁判!最高裁は公共性を重視
フランス最高裁のサジェストに対する判決 「Googleサジェスト」名誉毀損に当たらない フランスの最高裁にあたる破毀…

サジェストと関連キーワードの更新周期

平均的に考えると、各種検索エンジンの関連ワードの入れ替え及び更新周期をまとめると以下のようになります。

種類入れ替え周期
Yahooサジェスト(入力補助)原則1日に1回
Yahoo関連検索ワード(Yahoo虫眼鏡)原則1日に1回
Googleサジェスト(予測変換・検索候補)15日に1回(2週間に1回、月に2回)
Google関連キーワード3ヶ月に1回(年に4回、遅いと7ヶ月間隔もある)

Yahoo入力補助・虫眼鏡の更新周期

Yahooの入力補助、関連検索ワード(通称Yahoo虫眼鏡)が、1日おきに変更しています。

午前に1回、午後に1回であったり、変更する時間帯は、正確にはきまっておりませんが、1日1回お昼ごろと考えておけばよいでしょう。これは数年間変わっていない、アルゴリズムです。

Googleサジェスト(予測変換)・関連キーワードの更新周期

Googleサジェストは、月に2回更新(15日周期)が定期的に更新がかかっています。

検索結果の下に表示されるGoogle関連キーワードは、平均すると半年に1回程度、変動します。ただ、2018年から、は更新ペースが早く、2か月~3カ月に1回更新するようです。ただし、これも検索ワードによって差があり、頻繁に変動する場合と、半年程度固定のものがあります。

Yahoo,Googleのサジェスト・関連キーワード削除依頼方法

一番確実で、料金がかからないのは、Googleへ削除申請フォームを使って削除申請することです。

Yahooへ削除申請

関連記事
support
Yahoo入力補助&関連検索ワード削除申請方法
Yahoo入力補助、関連検索ワードにおいて、名誉棄損にあたる事実無根のネガティブ関連検索ワードが表示され、お困りの場…

Yahooは、削除申請に対しては比較的柔軟に対応しているようです。

Googleへ削除申請

関連記事
support
Googleサジェスト&関連キーワード削除申請方法
Googleサジェスト&関連キーワード削除できる2つの基準 Google関連キーワード(関連する検索キーワード)、サ…

一方、Googleの削除申請に対する姿勢は厳しい状況です。

「倒産、詐欺」など事実と無根と呼ばれるものに関しては、削除申請が通ることが多いようです。

但し、実際に事件をおこした「食中毒、ノロ」と言うワードに対しては、年数にもよるかもしれませんが、検索結果やユーザーの検索動向を確認の上、ユーザー側の知る権利が重要視され、削除対応しないことが多いです。

削除申請は、ご本人か弁護士に限られる

サジェスト削除対策サービスと称して、本人の知らないところで、削除申請の代行している誹謗中傷対策業者もあります。

しかし、この行為は、「非弁行為」と呼ばれる違法行為になる可能性がなります。

10分で申請できる内容ですから、第三者に任せずご自分で、もしくは、弁護士に委任して、削除申請するようにしてください。

弁護士に相談したい方は、こちらにお問合せください。

関連記事
ネット誹謗中傷対策なら弁護士相談Cafeに相談
ネット誹謗中傷対策では業者と弁護士の役割が違う ネット誹謗中傷対策を行う場合は、 ネット誹謗中傷対策会社へ相談 弁護…

サジェスト・関連キーワード削除申請が通らなかった場合

ご自身での申請が通らなかった場合、googleサジェスト・関連キーワード削除を弁護士による削除依頼を行う等、他にも方法は存在します。 粘り強く対策を進めていきましょう。 Google関連キーワード削除は、諦めるものではなく、改善することができますので、お困りの方は、弊社までお気軽にご相談ください。無料相談受付中です。

良質サイトとコンテンツ設計による良質サジェスト表示

よいサジェストを出すように、コンテンツ設計を見直すことを弊社は推奨しています。キーワードをよく分析し、企業ブランド+関連キーワード設計をおこなったサイトと良質なコンテンツを大量にリリースすることで、サジェスト自体が改善していきます。

Googleサジェスト表示の仕組み2.を活用して、ブランド名+キーワードを顧客に認識してもらう努力をしていけば、ネガティブワードより、ポジティブワードが認識され、検索されるようになります。

ネガティブなワード自体に目をとらわれることなく、サジェストの本来の機能を自社のWEBブランディングに活用することを今は検討する時代になっていると言えるでしょう。

ネット上の風評被害対策や誹謗中傷対策の一環として入力補助(サジェスト)や関連検索ワードの削除をしてくれるサービスはたくさんありますが、一般にYahoo!は最速1日、Googleは数ヶ月かかるものと考えておきましょう。

Yahooは、過去3~4日の検索ボリュームをみて、反映されて表示されていると考えられますが、Googleの場合は、20日~2ヶ月の検索結果を反映していると考えられます。よって、更新周期、入れ替え周期も、YahooとGoogleでは違ってきます。また、対策にかかる期間も、GoogleとYahooでは圧倒的にGoogleのほうが長くなり、その分料金も高くなる傾向にあります。

CVバナー

この記事が役に立ったらシェアしてください!