サイト制作

ネガティブサイトの検索順位を下げるための対策方法

逆SEOは、良質サイトを作成して、それらをネガティブサイトの上位に表示させて追い出す方法が一般的です。

では、実際にその良質サイトはどういったものがあるのでしょうか?今日は、そういった良質サイトとは何か?というのを見て行きます。

良質サイトとは

以下のサイト群を作ります。

  • 個人・スタッフブログサービス
  • 掲示板
  • お客様のサイト及び派生ページ
  • 口コミサイト
  • Facebook,TwitterなどのSNS

これらを制作して、悪質サイトにぶつけて上位表示させ、ネガティブサイトをTOP10から追い出して行きます。

スタッフブログ

スタッフが会社の出来ごと等をつづって行きます。非常に会社に対しても親近感がわきますし、逆SEOを超えて、本当にアクセス数を稼ぐことがあり、上位に挙がって行きます。

単にSEOを意識したわけでもないので、適任者をたてることができれば、非常に効果をあげていくことがあります。

掲示板

たたかれる掲示板があれば、同じサービスで新たな掲示板をたてて対抗していきます。Googleは、同じIPやドメイン名を検索結果に出したがりません。その特性をつかって、あえてライバルより強力な掲示板を育成し、ライバル掲示板を落としていきます。

これがはまると、一気に順位を落とすことができるので、非常に有効的です。

ソーシャルメディア/SNS

一般的なホームページよりも、会社の公式twitter、facebook、youtube公式チャンネルなどの、SNSソーシャルメディアは検索エンジンで比較的制作後早期に上位表示されやすいという特徴があります。逆SEOには有効です。

SNSのドメイン自体がSEO上強いので、対抗サイトをSNS上で制作して対抗することが可能です。当サービスは、ソーシャルメディアに特化した逆SEO対策を行い、検索結果排除サービスを展開しています。

誹謗中傷が上位表示されている原因の多くはソーシャルメディアに書き込まれた内容となっているので、ソーシャルメディアに関する対策は最も多くの人から求められているのです。

そのためには検索エンジンの仕組みやシステムを正しく理解しているような高い技術と知識を持った業者に依頼しないといけません。

まとめ

逆SEO対策を成功するには、どういうサービスで、何をかたるか?それが非常に重要で、この設計段階から勝負が始まります。上がり易いサービス、ドメインも存在しており、これはノウハウが問われる部分です。
弊社には、経験豊かなエンジニアが多数おりますので、お気軽に無料にて相談受付中です。