関連検索ワードに表示された「自分の名前」を削除したい!

★ お気に入りに追加
自分の名前

最近増えてきているのが、自分の名前がYahoo関連検索ワードや虫眼鏡、入力補助にでてしまったのだが消せないでしょうか?という相談事例が増えています。誹謗中傷サイトに出ていたり、気になって、他の検索ワードと組み合わせて自分で検索しているうちに、自分の名前が関連検索ワードとして出てしまったという相談が、今年になってから増えております。

会社名+個人名というのもありますし、大学名+個人名もあります。

関連ワードには、主に二つあります。

検索入力欄に入力補助表示される(予測検索)、Googleサジェスト、Yahooサジェストといわれるものです。

もう1つが、検索結果の下の部分に表示される、Google関連キーワード、Yahoo虫眼鏡(Yahoo関連検索ワード)といわれるものです。

ここに「自分の名前」が表示された場合、どのように表示された場合、どのように対処すればよいでしょうか?

会社名検索時に自分の名前が表示された

よく相談にあるのが、「***株式会社 鈴木太郎」と表示されるようなケースです。または、「サービス名 鈴木次郎」と表示されることもあります。

このこと自体、放置しておけばよいかと思いがちですが、「個人名」が表示されていることに不思議に感じる検索ユーザーは、かなりの確立でその関連キーワードはクリックするものと予想されます。

更に検索結果に、その名前+会社名が連名でかかれているような「2ちゃんねる」掲示板等、着地するサイトがあると、これらの関連キーワードは定着していくものと予想されます。

関連記事
仕組み
Google&Yahooサジェストと関連キーワード表示の仕組みと削除
GoogleとYahooのサジェストと関連キーワードが何故表示されるのか仕組み、更新頻度、地域による表示の差の違いな…

特に、Yahooならば、検索ボリュームが一定量に達していれば、着地サイトがなくても表示されることがありますが、Googleの場合、着地サイト、関連するサイトがなければ、GoogleサジェストやGoogle関連キーワードとして表示されることはありません。

つまり、Google検索ユーザーは、「自分の名前」が、関連ワードに表示されている以上、何か情報サイトがでているだろうという予想を元にクリックしてくるのです。

これは、経験的なものがそうさせます。だから、一言で言うと、「会社名」「サービス名」に個人名、自分の名前が出てしまうと、なかなか削除されないと考えたほうがよいでしょう。

関連キーワードに表示された「自分の名前」の削除方法

まず申請で削除できないかトライすることが重要です。意外と個人名が出ていること事態が、プライバシー権の侵害が通用しないことがあります。つまり、自分の名前が表示されることが、理由が相当と考えられるケース、着地するサイトが存在する場合は、削除されないことも考慮しておく必要があります。

各検索エンジンごとに削除申請フォームがありますので、自分で行いましょう。マニュアルに記載した通り行えば、自分で十分に行えます。

Googleの場合

関連記事
support
Googleサジェスト&関連キーワード削除申請方法
Googleサジェスト&関連キーワード削除申請 Google関連キーワード、サジェストにおいて、検索候補が以下のポリ…

Googleの場合申請後、対応するしないの回答がGoogleチームよりメール連絡がありますので、結果を待ちましょう。

Yahooの場合

関連記事
support
Yahoo入力補助&関連検索ワード削除申請方法
Yahoo入力補助、関連検索ワードにおいて、名誉棄損にあたる事実無根のネガティブ関連検索ワードが表示され、お困りの場…

申請後、Googleと違って連絡はありませんので、1週間で削除されない場合は、申請では対応ができないと理解しましょう。

上記の削除申請が通らなかった場合どうするか?

ご自身での申請が通らなかった場合、Yahoo関連キーワード削除は、諦めるものではなく、改善することができますので、お困りの方は、弊社までお気軽にご相談ください。無料相談受付中です。

当サービスの対策事例

Step1 検索ヒットルートや、どうして、検索されたのか、検索ボリューム等を調べます。
自分で出してしまったと思っていても、実は違うことも多いのです。

Step2 削除に向けたシステム対応を設計、対策を速やかに開始いたします。

Step3 当サービスは、最短数日で削除に成功。お客様も平安な日を取り戻すことができました。

解決ポイント

一人で悩まないで、出てしまったら、早目に相談することです。関連検索が表示された場合、早く出現したタイミングで相談して下さったほうが、解決までの日も早くなります。

増えて行ったり、それを拡大するケースもあり、長い間表示されてしまうと定着してしまい、再発リスクも高くなります。

具体的に、どういう対策をするかというと、他のワードの方が関連が強いという認識を検索エンジンに持ってもらい、他のワードがでるようにします。また、着地しているサイト自体可能な限り削除します。

まずは、会社名と自分の名前が関連が薄いことを施策していくことが重要であるといえるでしょう。

一人で悩まずご相談ください。

この記事が役に立ったらシェアしてください!