関連検索ワードの誹謗中傷対策9年の実績!Yahoo(関連検索ワード、入力補助、虫眼鏡)やGoogleサジェスト、関連キーワードの削除対策サービスを高い成功率&安心価格でご提供しております。関連検索の誹謗中傷にお悩みの方はお気軽にご相談ください。

逆SEO対策サービス


逆SEOとは何か?

逆SEOとは、貴社名等で検索したとき、GoogleやYahooなどの検索結果に、上位に出現する誹謗中傷サイトを、検索ページの2ページ目、所謂、11位以下に追い出すサービスです。
逆SEOの手法は、風評被害を出しているサイトより下にいるブログ・掲示板・WEBサイトから、上位表示させたいサイトを厳選し、それらのサイトに内部SEO対策を施したり、外部リンクを仕掛けて、上位ランクイン(TOP10入り)させ、誹謗中傷サイトを追い出していきます。
仮に、追い出すために十分なサイトがない場合は、弊社にて追い出し用のサイトを制作し、上位ランクさせ、風評被害サイトをTOP10ランク外へ追い出します。

本サービスで追い出し実績対象サイトは、各種掲示板(2ちゃんねる、2チャンネルミラーサイト、e戸建/e-マンション口コミサイト、転職会議)、誹謗中傷ブログ、Yahoo知恵袋、OKwave等があります。

reverseSEO10_24

 

SmartGlassの此処がすごい!逆SEO手法の詳細

追い出し用サイト制作と内部SEO

検索結果を2ページ目以降へ追い出すための、上位にあげるサイト代行制作します。内部SEOを徹底的に施されたサイト制作をすることで、時間がないお客様のご要望にお応えします。
内部SEOとして以下の最適化を行います。

  1. オリジナルドメインの取得(PageRank高ランク3-8)
  2. 本文の文字数の最適化
  3. 検索キーワードの最適配置
  4. ヘッダー(メタディスクリプション、メカキーワード、タイトル)最適化
  5. 見出しと強調の最適化(<h1>要素 <strong>要素)
  6. 発リンク、内部リンク最適化、WEBサイトの階層最適化、タグの最適化

逆SEOのやるべきリストがありますので、順に対策していくことになります。

2ページ目以降に落とすことが何故有効か?

法的な削除申請に対応しないプロバイダ・ブログ運営会社は多数存在します。そういうケースは、名誉棄損サイト、風評被害を受けているサイト・掲示板・ブログを検索順位のTOP10から落とすことが有効です。2ページ目以降に落ちることで、閲覧数はぐっとさがります。

table1

逆SEO方法

弊社は、厳選サイトを弊社で作成して、風評被害の上に表示させていきます。その際に、Wordpressを用いて厳選サイトを作成しています。WordPressは、googleとの相性もよくSEO対策するにはある意味理にかなっています。

しかし、この厳選サイトを制作するだけではもちろん十分ではありません。このサイト自体には魅力的なサイトにする必要がありますが、今回は風評被害サイトを押し下げることを目的とするので、内容は必要なことを記載し、運用自体はお客様にしてもらうことが重要です。

次に、この厳選サイトを作成後、外部リンクを張って行くことも重要です。当然SEOの解説ブログを見ると、サイト自身の内容を充実すれば、外部リンク等は必要ないという意見もあります。もっともな話なのだが、そういう対応が通じるのはある程度の期間が赦される時だけです。一刻も早く対応しないというお客様には、外部リンクをはって向上させていくことが早い対応といえるでしょう。

外部リンクをどのようにはるのか?

昔のように、リンクファームに記載するとか、相互リンクを掛ける等がありました。しかし、こういった自作自演のリンク自体は、Googleアルゴリズムが厳しく監視しており、まず効果がなくなったということになります。

自然なリンクを心がけること。これは経験とノウハウの蓄積から、リンクというものはどう貼られるのか徹底的に研究しないと分かりません。

5年以上SEO対策をしてきた弊社だからこそ、また、多くのサイトに対してSEO対策をとってきたからこそ、苦い経験を重ね、今にいたっており、これがその会社の逆SEOコンサル力につながります。

正直、逆SEO自体の作業自体はアルバイト生でもできる作業内容でありますが、設計図を描きそれにそった対策をしていくことがより重要であります。

よって、会社の規模、人員数はあまり関係なく、Google検索のロジックをどれだけ掴んだ対策をとれるかが勝負の分かれ目となるのでしょう。

逆SEOを成功させる3つのポイント

1.関連サイトを検索キーワードで上位表示させる

自社名、自社サービスで検索された時に、自社の関連サイト及び、wikipediaのような中立サイトで上位表示させるようにSEO対策を進める手法です。弊社が一番使う方法であるが、大量のサイトを上位表示させるようにするため、工数やコストを如何にコントロールするかが重要になります。単にコストをかければよいというわけではなく、短期的な対策ではなく、対策手法に関して長期的に視野を入れて対策を進める必要もあり慎重さが必要になります。

2.誹謗中傷サイトへの攻撃

これは、被リンクや似たサイトを作って落としていく方法です。しかし、これらの手法は、相手方は気付くということ。さらには、一時的にも落とせても付け焼刃的な対応のため、長期的な対策とは言い難い面もあります。お勧めできない手法です。

それ以外にも逆SEOの手法はありますが、相手方の状況、また、防衛側の状況に応じて多くの戦術、戦略、ゴール設定を行い、施策を行っていくことが重要になります。

3.信頼関係、協業関係

この部分が一番重要であることと、最も大切なことは、お客様との一体感、共有、信頼関係、協業体制などはわすれてはならないポイントであることも付け加えておきます。

成果報酬達成基準と達成期間

よって、逆SEOの成果報酬の達成基準は、対象サイトを検索結果2ページ目(TOP10圏外)へ追い出すことで成果達成と致します。

Googleでは、逆SEOの達成期間は、案件によりますが、最短で1週間。最大で3ヵ月必要としております。ポジティブサイトを上位にあげていきますので、結果的に自社ブランドの向上にもつながります。時間はかかりますが、逆SEOには近道はないので、地道に対策した分、長期にわたって、検索結果での良い評判改善につながるわけです。

SmartGlassの差別化要因と強み

逆SEO対策を施して順位を自社サイト等で固めても、関連検索ワードやサジェストがあると、一気に検索結果は逆転してしまいます。顧客や検索者から、そういった悪意ある風評被害サイトから守るには総合対策をとれることが必要なのです。

サービスの質とコストのバランスもSmartGlassの特徴です。SEO対策を徹底的に施した良質なサイトを作ることで、企業のブランドイメージの向上を果たします。

目指す姿

 

mygoal_1024

業者や会社の選定方法

業者を選択するには、サービスを展開しているサイトの強さを比較するのが分かり易い選定基準になります。

つまり、「逆SEO対策」とか「関連検索削除」という一般的なサービス名で検索をかけて上位に来ている事が重要です。何故なら、自社サイトには、当然自分達が持っているSEO対策のすべてを各社注ぎこみます。検索順位の差が、各社のSEO対策の実力の差であり、上位にいる業者は、他社ができていないSEO施策のポイントを抑えていると考えられます。

また、これらの検索ワードで、検索順位で上位に来るのは容易ではなく、日々の対策、企業努力の結果であると言えます。
(あくまでも参考値。ドメインの年月も含まれているので老舗が上位に来る傾向はあります。)

また、口コミも重要な指標になります。それらを総合的に判断して慎重に業者を選定したいところです。

更に、技術的な施策内容を確認する必要もあります。基本的なポイントを抑えているかは、各社の施策内容を話してみたり、技術資料を見れば把握できます。経験値や会社の実力差も電話で聞いていくうちに、大体把握できます。

見積もり依頼の注意点

逆SEOの見積もり依頼は、詳細内容は本当に委託すると決めた業者のみに話しても、決して遅くありません。検索ボリュームさえ分かれば、ある程度の見積もりは可能です。繊細な機密に関わる依頼内容なので、情報管理は徹底すべき事なのです。すでに、見積もり依頼時から逆SEO対策は始まっているので、本当に信頼できる業者にのみ話すように心掛け下さい。

逆SEO費用と料金

SmartGlassの逆SEO料金は、以下通りです。格安とは行きませんが、コストダウンの努力を続けてます。

一般的な検索ボリュームクラスと想定して、

検索ボリューム(小)  初期費用10万円~ 月々3円~ (税抜)

検索ボリューム(中)  初期費用20万円~ 月々6円~ (税抜)

検索ボリューム(大)  初期費用30万円~ 月々9円~ (税抜)

であり、月単位の契約である。3ヵ月おきに成果をみながら更新していくお客様が多いです。

また、関連検索ワードまで含めた総合対策サービスを施策することも可能です。

是非、弊社のサービスも検討して、お気軽にお問い合わせください。

お気軽にお問い合わせください TEL 03-5937-4471 info@effata.jp
受付時間:平日9:00~18:00(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © エファタ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.